目の愛護デーでした! 【行事】 2020-10-24 17:32 UP!

目の役割について話をしています。子どもたちは真剣に聞いています。

テレビを見るときの約束です。

動物あてクイズで、答えようと手を挙げています。

10月8日は、”目の愛護デー”として3~5歳児クラスで、看護師と保育教諭から「目を大切にしよう」の話がありました。

 

<目の役割>

目には「まゆ毛」「まつ毛」「涙」があり、どれも目を守る大切なものです。

目の上のあるまゆ毛は目を守ってくれています。

ゴミや砂が入りそうになるとまつ毛で入るのを防ぎます。

涙を流すことで、目を潤し、水分を与える役割をします。

また、まぶたはとじることで目を守る大切な役割をしています。

 

<絵本を見るときの注意>

絵本を見るときは、あまり目を近づけないようにしましょう。

 

<テレビを見るときの注意>

テレビを見るときは、3メートル離れて見ましょう。

 

そのあと「動物あてクイズ」もあり、かくれている動物のあてっこをしました。

最後に、「暗いところでは目を使わない」という話もあり、どのクラスの子どもたちもよく集中して話を聞いていました。

お家で絵本やテレビを見るときも、目を大切に生活していきましょう。

はしごを渡ってロケットに乗り込みます。

フワフワした宇宙の中を歩きます。

流れ星をキャッチできたよ!

3歳児、ぱんだぐみの子どもたちは乗り物が大好きです。

 

ブロックでロケットをつくったりして楽しんできました。

 

今、『宇宙へ』というテーマで運動遊びをしています。

 

「はじごわたり」「パカポコ」「飛び石ジャンプ」「ボールキャッチ」にチャレンジしています。

 

小さな宇宙探検隊になって友だちみんなで楽しんでいます!

枝に見立てた台を歩いています。

ちょうちょうになって飛んでいます。

2歳児、あひるぐみの子どもたちは「はらぺこあおむし」の絵本が大好きで、日頃からよく読んでもらって親しんできました。

 

絵本に出てくるあおむしのたまごになって生まれる表現や、枝に見立てた台を体のバランスを取りながら歩いたり、両足跳びにもチャレンジしています。

 

友だちと一緒にイメージしたり、体を動かしたりして、運動遊びを楽しんでいるあひるぐみの子どもたちです。