• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  たんぽぽぐみ

たんぽぽぐみのクッキング 【たんぽぽぐみ】 2014-10-29 14:21 UP!

 クッキングのお話。いつも以上に集中して聞いていました。

 クッキング開始。簡単なことに見えますが、子どもたちはあれこれ考えながら取り組んでいるようでした。

 材料や手の洗い方、クレープのトッピングと巻き方を見てわかるようにしていて、子どもたちも確認しながら取り組んでいました。

運動会、秋の戸外保育が終わり、冬の足音が聞こえてくるようになってきましたね。

たんぽぽぐみの子どもたちが楽しみにしていたもうひとつの取り組みの『クッキング』

をしました

 

今回はおやつのクレープの仕上げの部分の『ジャムをのせて食べやすい形に包む』

をしました。

たんぽぽぐみになって初めてのクッキングということもあって、『エプロンを自分で着る』

『クッキングの時の手洗いを知りする』ということもクッキングの取り組みの一環として

意識していました。

 

子どもたちは話を集中してきき、ジャムをのせてくるっと上手に巻いていました。

「せんせいみて!」と得意げな顔が可愛かったです。

 

牛乳を片手に「運動会みんながんばったね。次の新しいことにもがんばろう!カンパ~イ」

とおやつパーティを楽しみました。

夏の子どもたちの成長 たんぽぽぐみ 【たんぽぽぐみ】 2014-09-01 14:02 UP!

 洗濯機しよう!といってプールをぐるぐる…水流ができると座ったり伏し浮きすると動くので楽しいです。

 お魚つかまえられるかな?と待つ保育士のタイミングをずらして通過する子どもたち。わくわくドキドキしています。

 プールじまいでは、みんなに自分のできることを見てもらいました。

たんぽぽ組の夏は、自分たちで育てた野菜を味わって、にがて意識をちょっぴり解消したり、

色水あそびをするためにあさがおを育て、どんな色に?どんな容器で?と取り組みの前段階から期待を持って準備するなど、1から始める・期待を持って取り組んでどうなった?といったことをしていました。

これらから期待や見通しを持ってとりくみ、どうであったかを自分で確認することで次への自分がこうしたいという気持ちが見られるようになってきています。

なかでもプールあそびでは、楽しく遊びながら子どもたちがイメージを持てるネーミングをつけて取り組みをしているのが印象的でした。

 

水に慣れる「おすもう」・水に近づきながらトンネルをくぐる「お魚つり」・伏し浮きに挑戦「おばけ」など子どもたちは自分で宣言しながらウキウキして取り組んでいました。

プールも後半になると水に顔をつけて10カウント以上する姿や伏し浮きでしばらく浮いている子どもも見られるようになりました。

 

夏に様々な経験をし、自信がついてきた子どもたち。この力をこれからの経験の土台として

期待や見通しを持って取り組んで欲しいと思っています。

 

夏のあそびの写真の申し込みが始まりました。送迎時にみてご検討くださいね。