幅の広い一本橋をそーっと渡ります。渡り終わるとにっこり笑顔です。

友だちが終わってからいこうねと順番を知らせる機会にもなっています。

トンネルくぐりは、友だちが出てくることを予測して、保育教諭と一緒に待つ姿もあります。

歩行が確立し、あちこち探索を楽しんでいるりす・うさぎぐみです。

戸外では、段差やデコボコしたところも、助けを借りなくても上手に歩けるようになってきました。

 

幅の広い一本橋渡りをしてみました。

そーっと渡ったり、トコトコ歩いたりと、それぞれでしたが、もう一回する?と聞くとうん!とニコニコしながら渡っていました。

 

トンネルくぐりも楽しめるようになり、少し暗いけれど、向こう側に待っている保育教諭を目指してハイハイで進んでいます。待っている保育教諭の隣で、友だちが来るのを一緒に覗き込んでいる姿がかわいらしいです。

 

いっぱい歩いたり、坂道やデコボコした道をあるくことで足腰も強くなり、足をしっかりあげてまたいだり、走ったりという動きも安定していきます。園庭だけでなく、室内でもマットの山や、ボールプールなどで楽しく体を動かしながら、全身の発達を促していきます。

 

ちょうどつかみやすい大きさのボールをポーンと投げたり、手足で音や感触を楽しんでいます。

トンネルにも慣れ、途中に開いている窓から、ばあーっと出てきて、そばにいる保育教諭に笑いかけていました。

手や足で緩衝材(プチプチ)の感触を楽しんでいます。

0歳児ひよこぐみはハイハイが上手になったり、歩行が確立した子も増え、あちこち活発に動くようになってきました。

園庭だけでなく、室内でも体を動かして遊べるように、色々な遊びを楽しんでいます。

 

トンネルは、はじめは少し暗くなっていることで驚く姿もありましたが、保育教諭と一緒にくぐったり、向こうに見える保育教諭といないいないばあをして楽しんできました。

 

トンネルにもずいぶん慣れてきたので、ひと工夫して、緩衝材(プチプチ)を貼ってみました。

いつものトンネルとは足に触れる感触が違い、そーっと手で触ってみたり、足を乗せてみて驚いて引っ込めたりと、普段とは違う反応の子どもたちでした。慣れてくると手でぎゅっと押してみたり、足で感触を楽しむようにドンドンしてみたりとあそびだしました。

 

ボールプールは大好きな子どもが多く、ボールを一つひとつ投げてみたり、手足動かして音を立ててみたりして楽しんでいます。プールに上手に出入りできるようになり、ハイハイで乗り越えたり、またいだりしています。

友だちがあそんでいる姿を見て入ったり、外にいる保育教諭にボールを渡してみたりと、友だちや保育教諭の姿を意識しながらあそぶようになってきました。

室内でも楽しく体を動かしていき、歩行の安定や、強い足腰の土台を作っていきます。

 

夏のあそび楽しみました!! 【子どもの様子】 2021-08-31 11:43 UP!

来年はここでプールあそびできるかなと大きなプールを見てワクワクしていたきりん・くまぐみでしたよ。

ひよこぐみは冷たく冷やした寒天を触って遊んでみました。はじめは何かな?と様子を見ていましたが、そのうち大胆になり、むぎゅっと握ったり、つついたりしてあそびました。

こあら・ぺんぎんぐみはいろいろなおもちゃを使って水の感触を楽しみました。水に慣れてくるとだんだん動きが大きくなり、全身で水の心地よさを感じている子どももいました。

今年の夏は雨が多かったですが、お盆を過ぎてやっといい天気になりましたね。

こども園ではプールは5歳児のみでしたが、他の年齢も夏のあそびを楽しみました。

 

水遊びやお湯あそびだけでなく、室内でひんやりした感触を楽しめるあそびをしたり、水の心地よさや、色の変化を感じられるあそびをしました。

色水あそびで、どの色を混ぜると自分が作りたい色になるか、友だちの様子も見ながらあれこれ試してみたり、

色のついた氷でお絵描きして溶けていく様子を楽しんだりと様々なあそびを楽しみました。

 

全身ぬれるような大胆な水遊びや、手先を使って感触や色の混ざり合いを楽しみ、夏ならではの経験ができました!