もちつき大会がありました。 【こんなことしたよ】 2019-12-12 17:58 UP!

子どもたちは、もちつきを見学しました。実際に見るもちつきの迫力に注目です。

五歳児はきねを持ってつきました。もちがくっつき、きねはおもくても、がんばってつくことができました。

きなこもちと、のりしょうゆもち、目をキラキラしながら「おいしぃ~」と子どもたちの感想です。

12月12日もちつき大会がありました。子どもたちは、まず蒸しあがったおこわを一口食ごはんとの違いを経験しました。職員がもちをつき始めると「がんばれー」応援する子どもたちの元気な声が響きました。5歳の子どもたちは、実際にきねをもってもちつきをしました。

 

☆育つ力☆

 ・もちつきをすることで伝統文化に触れて“年の瀬”の季節を感じ、みんなで食べることで、食べることへの意欲につながります。

 

お話会です 【こんなことしたよ】 2019-12-11 08:26 UP!

三歳児です。素話のあとの手あそびの様子です。この日は♪もちつき♪の手あそびにノリノリの子どもたちでした。

四歳児です。ロウソクに火がともるとお話の世界の始まりです。子どもたちもその雰囲気を感じ、素話をじっと聞いていました。

五歳児です。絵本の読み聞かせの様子です。子どもたちも絵本は大好きで期待があり、お話しの世界でイメージを広げていました。

錦西こども園では、お話会があります。堺市立中央図書館を拠点に活動している“おはなしどんぐり”のボランティアグループの方が、年間を通じて10回程度来園していただき、素話や絵本、手あそびなどを通じて子どもたちと関わっていただいています。継続してきていただいているので子どもたちも期待があり、お話会の日を楽しみにしています。

 

☆ねらい☆

素話は言葉だけで情報を知らせることで、子どもたち自身が膨らませるイメージが大きくなり、想像力が育まれやすくなります。また相手の話に興味をもって聞くことを通して内容を理解するようになると、次第に相手に伝える言葉が豊かになります。

四歳児の合奏です。小太鼓、木琴、タンバリンなどなどみんなで気持ちを合わせようと頑張っています。

四歳児の劇あそびの一場面です。金づちを手に、みんなでお家を作っています。どんなお家ができるか楽しみです。

五歳児の劇です。リスとアリとゾウの生活、子どもたちが動きを考え表現しています。

みんなのみんなの発表会予予行の続きです。

発表会は12月7日です。これからも取り組みを通し友だちとつながり合えること、そして日々の保育を楽しみながら積み重ねて創り上げていく過程を大切に取り組んでいきます。

 

☆育つ力☆

日ごろからの取り組みを発表する場として設定し、各クラスが集まって、見せ合いっこをすることでクラス意識がたかまり、友だちと一緒にできることの楽しさや、自分を表現することの自信へとつながります。