• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  こども園だいすき!友だちだいすき!

「おひさま楽団」さんのコンサートを楽しみました 【こども園だいすき!友だちだいすき!】 2019-10-11 18:57 UP!

10月10日(木)保護者会主催のお楽しみ行事がありました。日置荘こども園では毎年、保護者会がこどもたちのために楽しく文化的な催しをしてくださっています。

 

今年は「おひさま楽団」による歌のコンサートでした「チェリーくん」と「おあいちゃん」がギターを弾きながら、「しあわせなら手をたたこう」「バスにのって」「こぶたぬきつねこ」など子どもたちがよく知っている歌をパネルシアターや振りを交えて歌ってくれました。0歳児も体を揺らしたたり手をたたいたりして笑顔で楽しむ姿がありました大きいクラスの子どもたちは「大きくなったら何になりたいですか?」のと質問に「特別捜査官」「プリキュア」と答えたり、「これは何色かな?」ときかれて「青色!」と指差すなど、チェリーくんやあおいちゃんとのやりとりを楽しむことができました。

「わたしと小鳥とすずと」では「一人ひとり違っていいんだよ」という温かいメッセージが伝わってきました最後の「パプリカ」のダンスはどの子もノリノリでした

 

今回のコンサートでは、音楽を聴いて体を動かす楽しさや友だちをふれあう心地よさ、じっくりと歌声を聴くなどの経験ができました。保護者のみなさま、ありがとうございました!

 

 

 

高校生との交流 【こども園だいすき!友だちだいすき!】 2019-08-30 17:22 UP!

初芝立命館高校のダンス部のみなさんがダンスを見せにきてくれました

 

8月28日、13名の部員と先生1名がこども園に来てくれました。おそろいの黒いTシャツとジャージでバチッ決めた衣装で、かっこいいダンスを2曲披露してくれました。自然に一緒に体を動かしながら見たり、乳児クラスの子どもたちも興味を持ってじーっと見入る姿がありました。

そのあと、ダンス部のみなさんが4・5歳児クラスの子どもたちにダンスを教えてくれました。「次はこうやって」「イチ、ニ、サン、シ!」とわかりやすくていねいに教えてもらったので、子どもたちは楽しみながらすぐに覚えることができ、最後に小さいクラスのこどもたちの前でそのダンスを一緒に楽しみました。

踊りながら笑顔で顔を見合わせたり、「ありがとう!」「また来てね」とお別れの挨拶をする子どもたちに、高校生が「かわいいなあ」と握手やハイタッチで応える姿に、「楽しかったね」「うれしいね」という温かい気持ちの通じ合いを感じることができたひと時でした。

これからも、地域の方々との気持ちの通い合う交流に取り組んでいきたいと思います。

 

 

グループホーム「さかいの憩」を訪問しました 【こども園だいすき!友だちだいすき!】 2019-06-14 13:23 UP!

「ともだちいっぱい」のダンスは楽しくて2回目はお年寄りのそばで踊りました。

きれいな壁面かざりを作ってくださっていて、その前で歌いました。

お年寄りの方から手をとってくださり、子どもたちも笑顔になりました。

6月14日(木)4歳児らいおん組の子どもたちが「さかいの憩」のお年寄りの方々と交流を楽しみました

 

グループホーム「さかいの憩」はこども園から徒歩15分ほどの所にあり、昨年度から4歳児が訪問し交流をしています。今年初めての訪問に子どもたちは「ダンスとうたするねん!」「おじいちゃんとおばあちゃんに」とはりきって出発しました。

到着すると15人ほどのお年寄りとスタッフの方が拍手で出迎えてくださり、子どもたちもうれしそうに「おはようございます」とごあいさつ。少し恥ずかしそうな様子の子どもいましたが、「ともだちいっぱい」のダンスで気持ちもほぐれ、担任のギターに合わせて「ともだち」「世界中のこどもたちが」の歌を元気よく披露することができましたお年寄りのみなさんもじーっと聴いてくださり、中には笑顔で手拍子をしてくださる方もいました最後は「さようなら」「また来てね」と言葉を交わしたり握手をして、帰ってきました。

 

この交流を通して子どもたちは、こども園以外の地域の方々の存在を知り、優しく関わってもらう心地よさを味わったりお年寄りの方々の気持ちに気付いたりすることができましたこれからも、地域のつながりを感じられる取り組みを、教育・保育に取り入れていきたいと思います。