夏の遊びを楽しんでいます 【教育保育の様子】 2019-07-30 16:16 UP!

【0歳児 ひよこ組】
 優しいシャワーの水なので触ってみようと自ら手を出して感触を楽しんでいます。

【1歳児 りす組】
 好きな玩具を選んで遊んでいます。自分で、水を汲んだり流したり、友だちと見せ合って楽しそうです。

【2歳児 うさぎ組】
 沈んだ貝殻や浮かんだ海の生き物を集めます。水が苦手な子も浮いたものなら自分で集めに行く姿もあります。

 すくすく 育て 

 

 梅雨明けが遅く、プール遊びやお湯遊びが行えない日もありましたが、すっかり夏の気候となりクラスごとに夏の遊びを楽しんでいます。

 

 今回は乳児の様子を紹介します。

0歳児ひよこ組は、小さなMyタライ(自分専用のタライ)で初めてのお湯遊びを楽しんでいます。『気持ちいいね』と言葉かけながら、1人ずつ保育教諭が丁寧に関わり楽しめるようにしています。1歳児りす組は、ひよこ組より少し大きなMyタライで遊んでいます。タライに入るのが少し怖い子もいれば「まだ出たくない!」と、もっと遊びたい気持ちがいっぱいの子もいます。苦手な子は、無理にタライに入るのではなく、タライの外でお湯遊びを楽しむことから進めています。そうする中で、少しずつ子どもの緊張も取れ笑顔も増えてきました。2歳児うさぎ組は、初めてのプール遊びに挑戦しています。大きなプールに圧倒されたり、顔に水がかかってしまうのが苦手だったりする姿もありますが、一人ひとりの気持ちを受けとめながら遊びを楽しめるよう進めています。また、プール遊びのない日に、水を使った洗濯遊びや水風船遊びを楽しみ水が苦手な子も少しずつ水に親しめるようになってきています。

 

 夏にしかできない遊びを楽しみ、心も体ものびのびと大きくなっていくと嬉しいです。次回は、幼児の様子をお知らせします。

 

2019 ぞうぐみフェスタ 【教育保育の様子】 2019-06-25 18:01 UP!

 6月中旬4歳児くま組で植えたじゃが芋を収穫しました。100個までみんなで数えましたが、100個を超える収穫でした。中には、ミッキーマウスの形をしたものもあり子どもたちも大喜びでした。

 フェスタのクッキングでは、じゃが芋・人参・玉ねぎの皮むきをした後、人参を金魚の型にぬきました。ハヤシライスにトッピングをすることを楽しみにしていました。

 できあがったハヤシライスです。自分たちの決めたメニューで、自分たちが育て収穫をしたものや買い物をした野菜でクッキングしたハヤシライスは最高においしかったようです。

みんなで たのしかったよ

 

 6月22日(土)、5歳児ぞう組の『ぞうぐみフェスタ』がありました。フェスタのねらいは、

●みんなで ぞうぐみフェスタに向けて話し合い、力を合わせて意欲的に取り組み達成感を味わい自信を持つ。

●ぞうぐみフェスタで 友だちや職員と一緒に楽しい思い出づくりをする。

●身のまわりのことを自分でする力をつけ、友だちと一緒に生活する楽しさを感じる。

 フェスタに向けて何をしたいか、みんなで意見を出し合いました。買い物クッキング宝探しキャンプファイヤーなど自分たちがしたいことの決まり、Tシャツの色や当日の夕食のメニューなども、自分たちで話し合いをして決めました。話し合いは多数決やジャンケンでなく一人ひとりの思いを聞いてみんなで決めることを大切にしました。友だちのいろいろな思いや考えを聞き、自分の考えと違う考え方があることに気づき、その中で認め合ったり譲り合ったりしながら自分たちの行事に向けて準備をしてきました。今年のTシャツは“青色”力を合わせてしっかり染まるように揉みこんだり、夕食メニューは“ハヤシライスとマカロニサラダ”に決まり買い物やクッキングの分担もみんなで行い進めていきました。当日は夕食時間に雨が降り、子どもたちはキャンプファイヤーが外でできないのではと心配しましたが、外でできることが分かると「ヤッター」と大喜びで、キャンプファイヤーも無事に外ででき大満足の子どもたちでした。

 3歳児4歳児は、当日の夕食タイムを飾るランチョンマットをプレゼントしました。玄関に揚げた5歳児の旗や終わってからの5歳児からの報告や壁新聞を見て『大きくなりたい』という期待を持ち自分たちがフェスタをする日を楽しみにしています。フェスタに向けての取り組みで培った力や当日の達成感を大切に、これからも友だちと一緒にいろいろな経験を積み重ねていきたいです。

園の紹介 【園の紹介】 2019-05-21 17:00 UP!

 美原ひがしこども園です

 

美原ひがしこども園は、堺市美原区の東の方に位置し、富田林や羽曳野市に隣接したさつき野ニュータウンの中にあります。小学校や中学校、コミニュティセンター、医療センター等が近くに隣接しニュータウンができるとほぼ同時期の1986年に設立されました。

 こども園は、鉄筋コンクリートづくりの平屋建てで広い内廊下やテラスがあり、南側の園庭には、すべり台やのぼり棒、鉄棒、砂場などを設置しています。また、北側の裏庭には、広いグランドがありボールあそびや運動会などダイナミックにからだを動かして遊ぶことができます。畑のスペースもあり季節の野菜を植え収穫したものを味わい食育につなげています。

 

(スローガン)

わたしもだいじ あなたもだいじ みーんなだいじ ~子どもも大人も仲間と共に育ち合おう~」

 

教育・保育理念

●自分も友だちも大切にする心の育成

人との関わりを通して、安心感や信頼感を持ち、自尊感情を土台に「わたしもだいじ、あなたもだいじ、みーんなだいじ」と、自分も友だちも大事に思えるよう、人権を大切にする心を育てます。

●学びの芽の育成

豊かな生活や夢中になる遊びによる様々な体験ができる環境を通して、義務教育への円滑な接続が図れるよう、「学びの芽」(「知識や技能の基礎となる力」「思考力や判断力、表現力の基礎となる力」「学びに向かう力や豊かな心」)を大切にはぐくみます。

●自分の可能性や能力の発揮

一人ひとりが自信を持ち、人との出会いや豊かな体験を通して、「みんなの中の自分」に気づき、自分の可能性や能力を十分に発揮できるよう育成します。

 

この教育・保育理念のもと、子ども一人ひとりの特性や発達の課題に適した指導を行い、職員と保護者及び保護者同士、地域が子育てを通してつながり、共に育ちあう場を目指しています。

 

園の重点目標

●愛されていると感じ、自尊感情を育む

●好奇心をもって意欲的に遊びを楽しみ、遊びを通して学ぶ

●こども園、幼稚園、小学校が連携し、学びと育ちをつなぐ

●地域とのつながりをより一層深める

 

【所 在 地 】 〒587-0032

       堺市美原区さつき野東1丁目4番2号 

       TEL072-362-7225  FAX072-362-7281

【定  員】  122名(内、4,5歳児クラス1号認定各2名)

 

【保育年齢】    生後8週間(57日)~5歳児(就学前)

【開園時間】    午前7時~午後7時まで

【クラス編成】 0歳児~5歳児各1クラス

 

美原ひがしこども園では、地域子育て世帯に向けて園庭開放も行っています。ぜひ遊びに来てください。