6月は食育月間!! 【こども園からのお知らせ】 2021-06-23 15:12 UP!

(粘土で作った)人参を(おもちゃの)包丁で切ってみました。

お米洗いも上手にしていました。

カレー粉でにおいも嗅いだので、最後の出てきたカレーライスはまるで本物みたい。食べる真似をして楽しんでいました。

 6月は食育月間 

 

こども園では、毎月19日に『食育の日』として子どもたちと一緒に『食』などについて学んでいます。

今月6月はさらに『食育月間』として子どもたちや、保護者の方々に向けて様々な取り組みをお伝えすることを栄養士が中心となり取り組んでいます。

 

その取り組みの一部をご紹介させていただきます

 

子どもたちが好きな給食のメニューに「カレーライス」という意見が多いです。

では、そのカレーライスはどうやって作るのかな?

コロナ禍ではありますが、子どもたちが興味を持って体験できたら…。

こども園の調理室でカレーを作る様子をビデオに録り、子どもたちに見てもらいました。

その後、子どもたちは粘土などで作った野菜の皮むき体験や(おもちゃの)包丁で切る体験などしました。

お米に似せたものを使ってお米洗いもしてみました。

 

カレーライスってこんな材料が必要だということ。

作り方はこうやって作るんだということ。

給食でカレーライスの時は、この食育の取り組みを思い出して、味わうこともできました。

 

食べることは生きることにつながります。

これからも、豊かにのびのびと成長していくために食育の取り組みを続けていこう思っています

 

 

 

6月は食育月間!!  【こども園からのお知らせ】 2021-06-23 15:12 UP!

食育月間の取り組みをご紹介します。

 

こども園の調理室は階段横に大きな窓があり、中の様子がよく見えるようになっています。

子どもたちは調理室の横を通る度に中の様子を興味津々に見ています。

この食育月間の取り組みとして、ほぼ毎日、調理室の様子を写真に撮り、説明とともに掲示させてもらっています。

 

保護者の方々からも、「こんな風に給食ができるのね」とうれしいご意見をたくさんいただいています。

 

虫を見たよ!描いてみたよ! 【こども園からのお知らせ】 2021-05-14 18:08 UP!

「あんな、青虫から変身してん」と教えてくれました。
蝶になった様子です。

園庭で旅立ちを見送りました~

個性的なダンゴムシがいっぱい。
この後、いろいろなクレパスで模様を描いてみました。
生き生きとしたダンゴムシが出来上がりました

虫を見たよ!描いてみたよ!

 

 

 

東浅香山こども園の3歳児です。

クラスの飼育箱に、青虫を飼い始め、葉っぱを食べる様子、さなぎになる様子、さなぎから今まさに羽化する瞬間まで子どもたちは感じることができました。

実は、子どもたちと一緒に、クラスの職員もその瞬間に感動したのでした

 

子どもたちと一緒にその羽化した蝶を青空に放ちに行くと、「よかったね~!」「また遊びに来てね~!」「ばいば~い!」と大声援が園庭に響き渡っていました。

 

また、園庭のクローバー畑にはたくさんのダンゴムシも春は忙しそうに歩いています。子どもたちはその様子を見たり、ダンゴムシをつまんでみたり、触れ合ってきました。

それでは、ダンゴムシと触れ合ってきたことを今度は筆を使ってのびのびと画用紙に描いてみよう!と取り組みました。

 

実体験と、遊びと教育とが切れ目なくつながりあう保育を大切にしています。