お餅つきがありました 【英彰ほっとニュース】 2020-12-15 18:05 UP!

蒸しあがったもち米(おこわ)を杵で押し、つぶしています。お餅をつく前の大切な作業です。

ポン!ポン! お餅をつく良い音が響いていました。

お餅が杵について伸びて~
見ていたこどもたちはその様子に大喜びでした。

 

お餅をつく先生たちの応援にも力が入っていました!

 

 今年度は新型コロナウイルス感染症感染防止のため、見て楽しむお餅つきとなりました。

 各クラス順番に見学する中で、餅つきの道具紹介やおこわからお餅に変化していく様子に感動したりと日本の伝統行事に触れるよい機会となりました。

 

 またお部屋では、栄養士の先生から『おせち料理』の話を聞きました。年齢に合わせた内容で、楽しみながら

行事食にも触れることができた1日でした。

災害訓練の取り組み~少林寺小学校まで避難しました~ 【英彰ほっとニュース】 2020-11-18 12:00 UP!

地震が発生した時には速やかに『いのちを守る行動』がとれるようになってきました。2歳児ちゅうりっぷぐみのこどもたちも上手に机の下に避難しています。

地震発生後に火災が発生した想定で外へ避難しています。職員に守られながら速やかに階段を降りています。

職員が連携をとり、こどもたちの安全を守りながら少林寺小学校に向かって避難しています。

 

 

 毎月取り組んでいる災害訓練ですが、今回の訓練では地震発生により大津波警報が発令された場合の第2避難先となっている『少林寺小学校』(2歳児のみ第1避難先の『大阪ベイプラザホテル』)まで、避難をしました。

 

〇非常ベルまたは災害発生を知らせる放送が聞こえたときは、おしゃべりや活動をやめ、先生の指示を聞く。

〇園舎内から避難するときは上靴のまま、慌てず、速やかに園庭に避難する。

〇職員は非常持出袋(中のグッズは毎月点検)、重要書類等役割分担をして持ち出す。

〇園外への避難時は職員が安全を確保しながら避難場所まで誘導する。

〇【さかい☆元気ッズ】からのメール配信にて避難状況を保護者の方に伝え、お迎えのお願いをする。

 

 災害に備え、園児と職員のみんなが落ち着いて上記の行動がとれるように、訓練の取り組みを大切にしています。

 

 前月の災害訓練に引き続き、今回も災害訓練のメール配信を行っています。必要な情報が保護者の皆様に届いているのかを確認したいと思いますので、必ずメールを開封していただき、【開封確認】へのご協力をお願いします。(記載されている【開封確認】のURLをクリックしていただくことで『既読の確認』ができます)

 

 

 

外あそび大好き!~3歳児たんぽぽぐみ~ part2 【英彰ほっとニュース】 2020-11-16 14:14 UP!

2人乗り三輪車の後部座席に荷物を積み、園舎の玄関まで運んでくれました。気分は宅配車の運転手さんです。

2人乗り三輪車の後部座席に友だちが乗ると、楽しさも倍増! ちゅうりっぷぐみの友だちを乗せてあげる姿も見られます。

『みんなのいえ(写真右奥)』の中ではお家ごっこやお店屋さんごっこを楽しむ姿が見られます。『みんなのいえ』でのごっこあそびも人気です。

 

 園庭では三輪車も大好きで友だちと走らせて楽しんでいます。

 

 そこに園宛てに荷物が届きました。「お手伝いしてくれる?」と声をかけると、「任せて!」とばかりに2人乗り三輪車の後部座席に荷物を積み、園舎の玄関まで運んでくれました。 (自分も)やりたい!と見ていたこどもたちが集まり、交代で荷物を載せて走らせていました。気分はすっかり宅配車の運転手さんです。

 

 、『○○になったつもり』で、イメージの世界であそぶごっこあそびが楽しくなり、友だちとも同じイメージをもってあそべるようになってきたたんぽぽぐみのこどもたち。 身近な大人や仕事の様子も興味をもってよく見ています。 そして身近な大人(職業)の真似をすることで自身を取り巻く社会の環境に関心が広がり、社会の中で生活をする力につながっていきます。

 

 これからも様々ごっこあそびを楽しみながら、感性を豊かに、そして『○○になったつもり』を楽しみ、表現することで気づく多くの学びを大切にしていきたいです。